« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月22日 (水)

東芝が32GのSDカード発表!

驚きだ!。つい最近になって4GのSDカードが発売になった気がしていたけど、何と今度は一気に八倍だ。あんな切手みたいなカードが、一昔前のハードディスクに匹敵するメモリー媒体になるなんて…。確かに、携帯プレイヤーでも携帯電話でもデジカメでも、今では動画撮れて当たり前だけど、32Gと言ったら一層式のDVDが七枚ぐらい入る容量だ。

もう笑うしかない(笑)。こうなると、音楽関係の機材なんて凄い事になるぞ!。特にサンプラーなんてカード一枚で、ライブの全てのサンプルを扱える。
昔のサンプラーはフロッピーで1音色だったが…。レコーディングもカードにする時代がくるか。

しかし、ひょっとしたらDVDどころか、ブルーレイも無くなるかも。来年発売らしいが、新たなデジタル元年になるかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

馬インフルエンザ!?

鳥インフルエンザは知っているが、馬インフルエンザは初めて聞いた。まあ、病気は生命体なら誰しもかかるだろうけど、結構意外な病名だ。しかし、リアリティがひたすら上がり続けるゲームの世界。

ダビスタにこの病気が取り入れられるのも近いか?。そういや、ダビスタを最後に購入してプレイしたのは、メガCD!が最後だな。どうもシュミレーション物は飽きる。シーマンは途中で別の意味でしんどくなったけど(笑)。綾波育成計画はクリアーしたいが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

三津田信三の作品を久々に購入

今では部屋の美化運動と床抜け防止のため(笑)、ライトノベルや昔の海外もののミステリーなんかを電子書籍でダウンロード購入しているが、さすがに最新作はすぐには出ない。

というより、相当メジャーな作家か、逆に物凄いアンダーグラウンドな作家なんかの作品の方が良く揃う(爆)。まあ、電子書籍になっていない作品の方が圧倒的に多いけど。
それでも、いつでも購入して場所もとらない電子書籍は便利。でも、三津田信三さんは電子書籍にはならない(笑)。だから本屋さんで見つけたら、即未購入の作品は買わないとならない。余りメジャーな人ではないので…。しかし、作品は僕の好みにぴったりで大好きである。なのに、最近は本屋さんに行く機会も少なく、新刊のチェックが疎かになり二冊も作品がでていたとは知らなかった。

ファンと言うのは暫く自重しよう。

で、今回購入した作品も僕好みみたいだ。特に、スラッシャー庭園の殺人は三津田氏本人がジャッロ物とさえ書いている。ダリオ・アルジェントに捧ぐとまで冒頭に書いてあるし!、何より最初のある人物の描写が…。

アルジェントもサスペリア、インフェルノに続く魔女物の完結作を作ったようだし、胸のときめきが止まらない(笑)。

問題はゆっくり小説を読む気力も時間も無い事だけど…。

夏休みはいつ?

三津田信三の小説作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

ジャッロ映画の名作がDVDになるのは嬉しいが…

それこそ子供の頃や、多感な青春時代に(何て恥ずかしい言葉だ!)観た映画やドラマ、アニメや聴いていた音楽などは大人になっても楽しめる事も多い。勿論、あら〜?となってしまう作品もあるが、それはそれである。んでここ数年は、幻の名盤扱いになっていたアルバムがCDになってたりして買いあさっていた。
この辺はネットが大活躍で、ものすごいレア物もお得な値段で買える。有り難い。特にプログレ系何て、ヨーロッパ関係のバンドのほぼ八割は幻だ(笑)。フォークやサイケ系もそうだ。アナログで探そうものなら破産覚悟の世界だ。
いやマジっす。それが今では輸入盤で安く手に入れられる。まさか、TreesのCDが手に入れられるとは…。ドゥームメタルもサイケもプログレも何でもあり。
しかし、まとめれば金額的には相当な物で。そんな中、ダリオ・アルジェントやルチオ・フルチなんかの作品がリマスターされて、DVD発売が始まったからさぁ大変。お昼も食べずに貯金して買いまくり。数ヶ月後にはアルジェントのインフェルノがでる。勿論予約。
こうなるとイタリアの不気味なサスペンス映画、通称ジャッロ映画も揃えたくなる(アルジェントのサスペリア2みたいな奴)のが人情と言うもの。影なき淫獣(酷い邦題だ)とか、ナイトチャイルドとかソランジェとか…。ま、この世界も凄いので入り込んだら凄いのだが、一応の物は揃えたい。
しかし、こういう時に起こる健忘症(笑)。内容は分かってもタイトル、ド忘れ。で、ネット検索のお世話になるのだが、本当に有り難い。大抵の情報は手に入る。皆さん親切。が親切が行き過ぎてしまう人もいらっしゃる。
タイトルや監督や役者さんからカメラマンまで教えてくれるのは良いが、あらすじの中で犯人の名前まで載せてしまうのは…止めてね(泣)。
慌ててブラウザ閉じたけど、いくら残忍なサスペンス映画とは言え、一応は推理物何だから。何か外国の学校で、ハリーポッターの最終巻のラストを子供達の前で読み上げた校長がいたらしいが、最早暴力的な感じだ(笑)。作品は自分で感じて楽しむ物なんだし…ラストは教えないでね。

お・ね・が・い(笑)

ダリオ・アルジェントのDVD作品

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 3日 (金)

バイオハザードの映画、3が完成か

漸くと言うか、やっぱりと言うか、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のバイオハザード3が11月に公開されるらしい。
このシリーズは少なくても2までは、とても良かったので期待してるけども、ゲームとの関連性は薄くなってるだろうな〜。前作で、明らかに次回作への伏線が張られていたので、あのストーリーの続きだろうけど。

まさか、ゲームのバイオハザード4の路線にはいかないよね(笑)。僕の趣味としては、ゲームでいうとコード・ヴェロニカのストーリーが異様で好きなんだけど無理だろう。
怖いのは、単なるアクションものになる事(笑)。ホラー感覚は残して欲しい。まあ、ミラが見れればいいか(爆)。

バイオハザード関連の作品

ミラ・ジョヴォヴィッチ出演DVD作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »